注文住宅で実現する長年の夢|大きな決断をしよう

積み木の住宅

設備による違い

つみきと電卓

注文住宅は自分たちである程度の設計をすることができます。ハウスメーカーはそれを元に設計しますが、新しい家電などをドンドン取り入れるので、同じ会社でも数年経つと性能に差が出てきます。

View Detail

自分に合った業者

模型を持つ人

一戸建てを作る際に重要視されているのが、外観と内観です。特に外観は見た目に関わるため、こだわる人が多いです。業者によって特徴があるため、理想のお家を自分に合った業者に相談しましょう。

View Detail

新築のメリット

一軒家

一戸建てには中古の物件と新築の物件が存在します。新築の一戸建ては全てが新品のため、新鮮な気持ちで新生活を始めることができます。最近ではマンションのような設備がある一戸建ても存在します。

View Detail

余分な費用は出さない

模型と女性

住宅購入に際しての心構え

さいたま市で住宅を購入する際には一大決心と覚悟が必要になります。というのも住宅は人生で一番高い買い物とも言われているからです。多くの人はさいたま市で住宅ローンを組んで住宅を購入し数十年間かけてそのローンを返済することになります。そうなると今後数十年間の家族の人生を左右する決断といえるからです。特に住宅でも注文住宅の場合は通常の住宅を購入する際に必要になる知識に加えてより多くの知識が必要になります。注文住宅の場合良くも悪くもすべての選択を施主が行う必要があります。興味のあるなしに関係なく知識を持って決断を迫られるのです。ですから設計段階、建築中の労力というのは分譲住宅など完成している住宅を購入する際よりもとても大きいのです。平均ではありますが注文住宅を計画してから実際に住宅が完成するまでは1年程度の期間がかかります。この間当然仕事などの日常生活を送ったうえで更に注文住宅に関して勉強したり商談する必要があるのです。時には建築会社の人に期日を切られ決断を急がされる場合もありますが契約前の段階では焦って決断することだけは絶対に避けるべきなのです。

余分な費用を出費しないためにも

建築会社との契約が終わり実際に工事が始まってからの決断というのは工事が現在進行形で進行している以上期日を切られることもあります。ここであまりにも期日を延ばしすぎると工事がストップしてしまい余分な費用が掛かってしまうこともあるなど注意が必要です。余分な費用と思われるかもしれませんが、工事が一日伸びるだけでも余分な経費が掛かります。あまりにも施主側に瑕疵があるとなればこうした遅延にかかった費用を建築会社から請求されるケースもあります。そんなの聞いてないと思われてもほとんどが契約時の約款に小さな文字で記載されているのです。ですから契約までは慎重に決断を行い工事を始める段階ではすべての事柄を決定した状態で工事を開始することが重要なのです。中には現場合わせなどという場合もありますが建築会社の人間が施主側にイメージを上手に伝えきれていないから発生することです。あまりにも現場合わせという言葉が多い担当者は注意が必要です。